ご予約・空室情報

お電話でのお問い合わせはこちら 0995-43-7111

ホテル京セラ

文字サイズ

スタッフブログ

♪新緑の季節♪

先週はまだ蕾だった桜が、この1週間で瞬く間に満開となりました。ところが週末の雨で花は散ってしまい桜のカーペットがあちらこちらで見られます。
現在、鹿児島は心地良い季節 新緑真っ盛りです♪

葉桜はもちろん、周辺の山々も新緑が芽生え目に鮮やかな季節ですね。

茶畑02

 

 

 

 

 

鹿児島は静岡に続き全国2位のお茶の産地なんですよ。 鹿児島では知覧茶と並び霧島の溝辺茶も有名です。 鹿児島空港の近くには、沢山のお茶畑があります。飛行機の離着陸時には飛行機からもお茶畑を見ることができます。 綺麗に整列したお茶の木を見ると何だか自分もピンと背筋が伸びるように感じるのですが、これは私だけかもしれません。

茶畑

 

 

 

 

 

 

霧島市内には沢山のお茶屋さんがあり、ご家庭により ひいきにするお店もそれぞれだと伺います。

日本人が愛してやまない日本茶は、今ではペットボトルに入ったものも販売され、本当に身近な存在ですね。 私も、朝晩のお茶は欠かせません。

また鹿児島では「茶いっぺ」の文化があります。 「まずは お茶をどうぞ」という おもてなしの心でもあります。
せっかくお出しするお茶だから、美味しく煎れられると良いですね。そこで、美味しいお茶の煎れ方を少しだけ勉強してみました。
ついつい熱いお湯で煎れがちになりますが、お茶は沸騰する前の約80度が適温とされています。お湯を必要な数の湯飲みに入れて暫くした後、予め茶葉を入れておいた急須に湯飲みからお湯を注ぎます。 こうすると、適量のお茶が出来るという仕組みです。 約40秒から60秒した後に、湯飲みに最後の一滴まで注ぎ分けます。 早くお茶が出るようにと急須を振りがちになりますがこれはしない方がより美味しいお茶になるそうですよ。
もしよければ是非お試しを。

新茶の季節が待ち遠しいですね。

2014年04月02日投稿|カテゴリー: スタッフブログ

前のページにもどる

ページの上に移動する

ご予約・空室情報

交通アクセス

お問い合わせ